自動車保険の保険料の平均額を調べる方法

自動車保険の保険料の平均額を調べる方法

自動車保険 平均額

自動車保険 価格 平均額

自動車保険 料金 平均額

自動車保険 費用 平均額

 

自動車保険会社の選び方

 

自動車保険の保険料の平均額をご存知ですか?
今加入している保険が年間35000円として、それは相場なのかそれとも高いのか・・・判断材料がないとわかりませんね。

自動車保険 平均額

 

自動車保険の保険料なんてどこもたいして変わらないと思っているかもしれませんが、保険会社によってロードサービスなどに差があるように金額にも差があるのです。
自動車保険の会社を決めるには、必ず複数の保険会社から見積もりを取って、比較してみないと損をするかもしれません。

 

しかしまずは、自動車保険の基礎を簡単に覚えておいてください。

自動車保険 平均額

 

自動車保険の補償には大きく分けると4種類に分類されます。

 

・事故相手の身体への賠償・・・・・対人賠償
・事故相手の車などへの賠償・・・・・対物賠償
・自分の身体への補償・・・・・人身傷害か搭乗者傷害
・自分の車などへの補償・・・・・車両保険

 

専門的な名前になるので覚えにくいですが、この4種類があってどれにどれだけの補償をつけるかによって年間に支払う保険料が変わってくるのです。
保険料を節約するのであれば、自動車保険を見直しして必要のない補償を減らしてみましょう。

自動車保険 平均額

 

対人・対物賠償は事故相手に支払われる保険金です。
もし相手にケガを負わせて傷害が残ったりしたら賠償金が数千万円になることもあり得ます。
事故の時に電柱や信号を巻きこんだら、修理費が高額になるかもしれません。
だからこれらは必ず無制限にしておきましょう。

 

そして自分に支払われる保険金に関する人身傷害(もしくは搭乗者傷害)や、車両保険はわけあって加入しないという方もいます。
それはやはり補償が手厚くなればなるほど、保険料がかなり高額になるからです。

 

しかし事故の相手がもしかしたら無保険者かもしれません。
そうすると治療費や修理費が相手の貯金やポケットマネーから捻出されることになり、場合によっては貰えないかもしれません。
ことさら最近は高齢者のによる自動車事故が増えていますので、人身傷害は最低限のものでも加入しておくと安心ですね。

 

そして1番問題なのが車両保険なのです。
車両保険をつけると保険料が大幅にアップするからです。本当に必要かどうか見極めが必要なのです。

 

カーローンが終わっていない方やまだまだ買い替えるつもりがない方、そして車を自費で修理できるほどのまとまった貯金がない方は車両保険に加入しておいた方が安心です。

自動車保険 平均額

 

車両保険には幅広く補償してくれる一般型と、自分の必要な補償をカスタマイズできるエコノミー型があります。
エコノミー型なら保険料を抑えつつ、必要な補償をつけられますのでぜひ検討してみてください。

 

 

これらの補償が大まかに決まったら、あとは利用料が無料の自動車保険一括見積もりをして平均額を確認したり、最安値の業者を探したり、ロードサービスを比較するなどして自分に合った保険会社を見つけてくださいね。

 

自動車保険 平均額 保険料